codeeee

プログラミング未経験からエンジニア職への転職方法【徹底解説】

投稿:2020-09-06 最終更新:2021-01-31

この記事ではプログラミング未経験からエンジニア職へ転職する際の注意点や利用すべき転職サービス(転職エージェント)についてまとめます。
PickUp!
レバテックフリーランス

フリーランスとしてのキャリアアップをしたい方や本業を続けながら副業でも収入を得たい方には、フリーランス求人サービスの利用がおすすめです。まずは気軽に簡単60秒の無料会員登録を!

詳細を見る

市場価値が高く注目が集まる「エンジニア職」

「営業職としてひたすら数字だけを追う毎日に疲れた…」
「将来的にどこにでも通用するスキルが身についているのか不安…」
そういったキャリアに関する悩みを抱えている方は多いと思います。
また、コロナ禍をきっかけに働き方や雇用の需給バランスが大きく変化し、
キャリアについて改めて見つめ直している方も多いことでしょう。

 

そんな中、求職者よりも求人数の多い売り手市場が続いている業種として「エンジニア」が挙げられます。
プログラミング言語に関するスキルを身につけ、サービスの企画や開発に関われるため魅力的に感じる方も多いでしょう。
未経験からエンジニア職にチャレンジする方も増えていると思います。

未経験からエンジニア職にチャレンジする際の注意点

ここからは、そんな方向けに未経験からエンジニア職にチャレンジする上で注意すべき点をまとめてみましょう。

エンジニア職への適性有無は重要

まず、何事においても向き不向きがありますが、エンジニア職へチャレンジする上でも適性があるかどうかは非常に重要になってきます。
エンジニア職への適性があると思われる要素は以下のような点です。

 

  • 論理的思考力や課題解決能力がある
  • 文章力がある
  • ユーザ目線でサービス設計を考えられる
  • 答えが見えない中で試行錯誤することが好き
  • 好奇心があり、未知のことを調べる習慣がある

 

エンジニアとしてWEBサービスやアプリサービスを設計する上でも、
利用するユーザのニーズを汲み取る必要がありますし、
実際の開発場面においては課題に直面することや不慣れな技術に触れることも出てきます。
そのため、単に機械的に仕事をしていれば良いわけでもなく、上記のような素養は必要になるでしょう。

 

エンジニア職としての働き方が自分に向いているかを見極める必要があるのです。

どんなエンジニア職になりたいかのイメージを固めよう

次に、ひと口にエンジニア職といっても職種や仕事内容は非常に幅広くあるため、
具体的にどんなエンジニア職になりたいかのイメージを固めることも重要です。
例えば、エンジニア職の中でも代表的には以下のような職種があります。

 

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • インフラ・ネットワークエンジニア
  • PM(プロジェクトマネージャー)
  • CTO(経営層)

 

それぞれの職種についてはここでは細かく触れませんが、
なぜエンジニア職になりたいかを明確にし、それに合った職種や仕事内容の実現を目指すことがミスマッチを避ける上で重要です。

スキルが全く身につかない求人に注意

前述した「どんなエンジニアになりたいかのイメージを固める」ことにも関連しますが、
転職を考える上でエンジニア職として希望しているスキルが身につく求人かどうかの見極めも重要です。

 

日本国内ではエンジニア不足が慢性化しており、そのぶん求人数が多いので求人が見つけやすいものの、
言い換えるとスキルが身につかない求人や質の悪い求人も多くあるのが実情です。

 

例えば、新しい技術を学び実践するような環境で働きたいと思っていたのにいざ転職すると古い技術で構築された既存システムにしか触れられず全くスキルアップができないということや、
既存システムに関する社内の質問に応対するだけのヘルプデスク的な業務しかできないということがあります。

 

事前に身につけたいスキルを明確化し、スキルアップのための経験ができる求人の見極めを行うことが重要なのです。

ある程度の知識・スキルは事前に学んでおこう

最後に、これまで紹介した注意点を押さえる上でも最低限エンジニアとしての知識・スキルを身につけておくことは重要です。
営業職の場合、なかなか実際に勤務しないと実務に役立つ知識・スキルは身につきづらいですが、
エンジニアの場合、独学でも開発に触れることで知識・スキルを習得することは可能です。

 

例えばWEBサービス開発であればHTML、CSS、JavaScript、PHPが代表的な利用言語になりますが、
こういった言語を独学で習得した上でポートフォリオサイトを制作する等、
どういったものが作れるかをアピールできるようなアウトプットをしてみるのも良いでしょう。

 

もちろん、独学も含めて一切プログラミング等に触れていない完全未経験向けの求人もありますが、
その求人企業の研修制度や雰囲気によって転職が上手くいくかどうかが大きく左右されてしまうので、
転職の成功確率を上げるためにもある程度の事前学習は重要と言えます。

 

独学でプログラミングにチャレンジしても、そもそも学習の進め方が分からなかったり必要なスキルを体系的に学ぶことが難しく挫折する方も多いので、
必要に応じてプログラミングスクールを利用するのもおすすめです。
当サイトでは関連記事でおすすめのプログラミングスクールを紹介していますので合わせてご覧下さい。

未経験者におすすめのエンジニア転職サービス

未経験からエンジニア職に転職する場合、魅力的な自己PRや自分の希望に合った求人企業を探すことを独力でやろうとするのは大変です。
こういった場合は応募書類の添削や面接対策、希望にあった求人企業の紹介をしてくれる転職エージェントという転職サービスを利用すると良いです。

 

そこで、ここからは未経験者におすすめのエンジニアに強い転職エージェントを紹介していきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント業界最大手の人材サービス会社リクルートが運営する転職エージェントです。

 

転職支援実績No.1(※)を誇り、求人数も最も多く取り扱いがあるため、
業界や業種、地域、年齢に関わらずどなたでも利用しやすいサービスとなります。
※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

 

2020年9月現在、公式サイトで職種「SE・ITエンジニア」として紹介されている求人数は
公開求人で29,279件、非公開求人で34,722件ものボリュームとなっています。

doda(デューダ)

doda(デューダ)パーソルキャリアが運営する転職サイトサービスです。

 

転職サイトとして5万件以上の求人を取り扱っていますが、非公開求人を含め最適な求人を紹介する転職エージェントサービスも展開しており、
転職サービスと転職エージェントの良いところを併用できるメリットがあります。

 

2020年9月現在、公式サイトで職種「技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)」として紹介されている求人数は
公開求人で12,533件とリクルートエージェントに次ぐ多さとなっています。

パソナキャリア

パソナキャリア良質なコンサルティングに定評のある転職エージェントサービスです。

 

単純な求人数はリクルートエージェントやdodaには劣るものの、そのコンサルティング力を活かした高い確率での年収アップ転職を実現しており、
ある程度キャリアのあるミドルクラス以上の方におすすめです。

 

2020年9月現在、公式サイトで職種「IT・Webエンジニア」として紹介されている求人数は、
公開求人で6,519件となっています。

経験者におすすめのエンジニア転職サービス

ここまでは未経験者におすすめの転職サービスをまとめてきましたが、
経験者であっても自分の経験やスキルを魅力的に応募書類にまとめることや、希望通りの仕事ができる企業探しに苦労している方は多いでしょう。

 

そこで、最後に経験者におすすめのエンジニアに特化した転職エージェントを紹介していきましょう。
※経験者に強いサービスのため、未経験者の利用はおすすめしていません!

レバテックキャリア

レバテックキャリアレバレジーズ株式会社のグループ会社レバテックが運営するITエンジニア・WEBデザイナーに特化した専門型転職エージェントです。

 

求人数は大手サービスと比べると見劣りしますが、IT・WEBのみに特化しているため業界・業種に対する専門性が強みであり、
エンジニアだからこその悩みや希望に対する理解が深く、高い精度のカウンセリングやマッチングを実現しています。

 

大手転職エージェントの話を聞いたがイマイチしっくりこないといった方は併用してみることをおすすめします。

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT大手転職エージェントであるマイナビエージェントのIT・Web業界に特化したサービスです。

 

マイナビエージェントは20代に信頼される転職エージェントNo.1であり特に若手の転職支援に強い点が特徴として挙げられるので、
ITエンジニアの方についても、新卒入社した企業から初めて転職する場合等、
更なるスキルアップやキャリアアップを目指したい場合におすすめです。

 

2020年9月現在、公式サイトで職種「SE・システムエンジニア」として紹介されている求人数は、
公開求人で5,824件、非公開求人で6,164件となっています。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)CMでもおなじみのハイクラス向け転職スカウトサービスです。

 

年収500万以上のミドルクラス以上の方をターゲットにハイクラス転職に特化している転職サービスです。
そのためITエンジニアの方についても、以下のようなポジションで転職を検討している方におすすめです。

 

  • スペシャリスト
  • CTO等の経営層
  • マネジメント層(PM等)

 

転職エージェントサービスとは少し異なり、
転職スカウトサービスなので登録するだけで求人のオファーを受けられる点もメリットです。

この記事のまとめ

この記事ではプログラミング未経験からエンジニア職へチャレンジする上で注意すべき点や利用すべき転職サービス(転職エージェント)、そして経験者におすすめの転職サービス(転職エージェント)についてまとめてみました。

 

エンジニア職というと自分の技術を強みとして理想通りの働き方を実現できるように聞こえますが、
慎重に仕事選びをしないと思ったようにスキルアップができない結果になりかねません。
自分自身の力だけで転職活動を行うことに不安を感じる場合、
紹介させていただいた転職サービスを利用しプロの支援を受けることも良い手段でしょう。

 

未経験の方でこれからエンジニア職にキャリアチェンジしてみたい方や、
既にエンジニア職として就業しており更なるスキルアップやキャリアアップを狙いたい方はぜひご参考ください。

関連記事
PickUp!
TECH ACADEMY

未経験からエンジニアへのチャレンジをしたい方やビジネスマンとしての教養としてプログラミングを身につけたい方には、プログラミングスクールの利用がおすすめです。まずは気軽に簡単60秒の無料体験申込を!

詳細を見る
タグで探す
キーワードで探す

SCROLL TOP